阿部寛主演 映画「疾風ロンド」を観てきました

なかなか良いコメディでした。 悪くない映画です。 新型炭疽菌と安い人間ドラマが無ければなお良かった。 疾風ロンド日本の映画のなかではかなりテンポの良い作品になっています。 ところどころ何だこれ? みたいな空気はあるのですが、笑えるシーンは結構上手く出来ていると思います。 どのシーンとは言わないけど個人的には「え?」がツボ。2回言うのが良い。 あとムロツヨシの役…

続きを読む

これがゴジラ! 映画レビュー『シン・ゴジラ』

海外のゴジラも、2本目は良かったんですけどね。 今回はその上を行った形。 良い意味で、期待通りの映画でした。 庵野秀明っぽさもあったかと思います。 以下ネタバレあり 映画『シン・ゴジラ』 感想『無人在来線爆弾』が良かったですね。 絵的に面白かった。 会議からの会議からの会議この映画の見所。というかメインになりかねない要素。 世代によ…

続きを読む

過去最高にコメディ 真田丸 第29回の感想

マリア様もみてる。 なかなかおもしろいノリでした。 三谷幸喜はやはりコメディの方が強みが出るのかな。 以下ネタバレあり 第29回「異変」内容: 春が信繁の正室に。 一方で伏見城の建設に躍起になる昌幸だったが、地震により間近で城は崩れてしまう。 秀吉の終わりかボケ老人みたいな描写が増えました。 寝小便はしょうがないとしても、家康の前で不覚を取…

続きを読む

『フォーリング・ダウン』の主人公ははたしてそんなに悪いのか

古い映画ですが、いま観ても共感を覚えるシーンが多々あると思います。 とはいえ見る側の視点、感性などで見方はがらりと変わる気も。 フォーリング・ダウン ■概要 1993年のアメリカ映画。 監督はジョエル・シュマッカー、主演はマイケル・ダグラス。 ■内容 “D-フェンス”と名乗る男がいた。非常に厳格で几帳面な上に、自分の価値観をハッキリと持った彼が、ある日突然、…

続きを読む

第9地区のニール・ブロムカンプが描くSF映画『エリジウム』

主演はマット・デイモン。 SFですが、空気感の古い作品。 武器も今風だし。 エリジウム ■概要 ニール・ブロムカンプ監督のSF映画。公開は2013年。 目立って規制が必要なシーンはないがR指定となっている(日本ではPG12)。調べたところによると刀剣、銃器での描写が要因らしい。どんどん厳しくなりますね。 ■評価 アメリカではそこそこ。日本でイマイチ。 …

続きを読む